FC2ブログ
超初心者のcello練習日記かも。現在失速中。
弦かえてみました
2006年10月30日 (月) | 編集 |
弓の毛がえ&楽器の調整に行ったついでにA、D線の弦も替えてみました。
今まではヤーガーが張ってあったのですが、
「渋いけどなんかこもった感じ(特にD線)が気に入らないんです」
とご主人に伝えたところ、
「んじゃ、エヴァピラッツィかラーセンにしてみる?」 とのご返事。
もう少し明るくクリアにしたいとの私の要望により、
「んじゃ、ラーセン張ろっか~」と今回はラーセンに決定。

1時間半ぐらいで毛がえが済むということで、買い物しにお出かけする私。
ケースも椅子もほったらかしで出たことに、後になって気づきました(;^^A
もう、ほんとに申し訳ないですぅ。

出来上がり時間になって戻ってみると、すっかり調整済みの楽器がそこに。
「前からよく響いてたけど、調整して前より良くなったよ。ラーセンも
 この楽器には合ってるみたい。次はC、G 線もラーセンに替えてもいいかも。」
と、満面の笑みのご主人。 
うぅ、ラーセン低弦ってお高いのでは? ラーセン貯金しなくては・・・。

ご主人に弾いてみるよう言われ、
ヘタクソだから嫌だよ~と思いつつも弾いてみると、確かにむちゃ響く。
しかも嫌味の無い程度の明るさ&クリアな音だ~~♪ 満足、満足。
そのうえウルフが消えてるではないですかっ! 
C線でも出て嫌だったのですが、見事消失。 うれし~な~^^

ピカピカの弓を受け取り、意気揚々と楽器を背負って帰る途中で
見知らぬおばちゃんから「その楽器何?」との質問。
さらに別のおばちゃんからも「大きな楽器ねぇ。重たくないの?」との質問。
楽器が大きいことと私がチビということで、
相対的に余計デカク見えるのですね、きっと。 修行みたいですか?(;´ー`)

また今回も調整は無料にしていただき嬉しい限り。 よっ、ナイスガイ!
あとは ・・・私が上達するだけ・・・ ですね(-。-;)
スポンサーサイト



---------------------------------------------------------------

2006/10/30 20:33 | その他 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
悪夢を見たヨ
2006年10月29日 (日) | 編集 |
体調がだいぶ良くなったのをいいことに、
溜まりに溜まっていた仕事をフルスロットルにて片付けてしまおうと、
ここ数日、後先考えずに頑張っていたワケですが・・・。 
疲れすぎか練習してないせいか、とんでもない悪夢を見てしまいました。 
せっかくなので記念に書いておきます。

楽器を背負ってやっと辿りついた先は、中学か高校の教室のような所。
どうやら音楽の授業らしく、すでに授業は始まっています。すなわち遅刻。
コソコソと自分の席に着こうとする私に向かって、
「今日はソコじゃないよ。 ほら、前々」 という誰かの声で前を見ると、
楽器を構えてこちら向きに座っている人が3人。しかも一つだけ席が空いています。

「え・・・も、もしや今日は4人で合奏!? き、聞いてないですぅ( ̄Д ̄;)」
どうしよう、何も弾けませぬ。と、大焦りの私をよそに
合奏メンバーの一人が「慌てなくていいよ」とジェントルに仰います。

ふとその人の顔を見ると・・・
ヨ、ヨ、ヨー様じゃないですかっ!! なぜ故、ここにおられますか!!??
(あくまで夢なので大目に見てやってください m(__)m)
ただでさえドキドキなのに、否応無く高まりまくる緊張感・・・。
泣きそうになりながら楽器の準備をしているところで、
心臓がバクバクしながらのお目覚めとなりました。

そうです。人体ってホントに不思議なのですが、
「自分が合奏をする」ということが、たとえ何でもありの夢とはいえ、
全く想像に及ばなかったのでしょう(-。-;)
脳内補完すらできない私の実力って・・・想像の翼はいずこへ・・・・゚・(つД`)・゚・

今日はちゃんと練習しようと、密かに思ったのでした。
---------------------------------------------------------------

2006/10/29 09:44 | その他 | Comment (4) Trackback (0) | Top▲
宿題が・・・
2006年10月24日 (火) | 編集 |
今日もちょっとだけ練習。 
少しずつでもやっておかないと、間に合わなくなってきた感じが・・・。
「間に合わない」とか言っておきながら、宿題に励むわけでもなく、
また好き勝手な練習に勤しむ私です・・・(;´ー`)

今日はひたすら移弦の練習。
もっと肘がうまく使えるといいんですけどねぇ・・・。
などと思いながら時計を見ると、あっという間に30分経過。
ぬおぉぉ~~、ボウイングだけで練習の半分使ってしまったよ(-。-;)
と、慌てて宿題にも着手。

とりあえず持ち越し分を一通りやって、新しい課題もちょっとだけ。
移弦練習の効果か、A線の鋭い音が少し緩和されたかなぁ。 気のせい?
深く考えるヒマはないので、次、次。
シュレーダー8はちょっと慣れてきた感じで一安心。
手首固定で、指も使わないとダメなんですね、コレ。 

ウェルナーは、(たぶん)小指で2弦押さえるであろう所がツライ・・・。
どうも音がかすれるわ、外れるわ。 う~~~ん。
そうこうしているうちに1時間終了。 練習おわり。

ところで、せっかくマシになっていた風邪が今日の雨にて逆戻り。
ちゃんと薬飲んでるんですが、あんまり効いてないみたいです。
明日は晴れるかなぁ・・・。
---------------------------------------------------------------

2006/10/24 00:34 | 練習記録 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
当確
2006年10月21日 (土) | 編集 |
しつこすぎる風邪に悩まされること2週間。
良くなったかと思って仕事を頑張ると、すぐぶり返します。
現在、同じ症状の人間が周辺に4名。 一人は先生。
今の風邪は引いたら最後です・・・。 みなさんお気をつけを・・・。

今日は、大事をとって家で安静。
別にむちゃくちゃしんどいワケではないので、
余裕でチェロは弾けるわけでして・・・。
教本が増えて当然宿題も増えたため、ここぞとばかりに練習です。

シュレーダー7、8。予想に反して8がしんどいです。
これ、手首から先を使ってマルカートで練習するように言われてます。
んなもんやったことないから疲れるよ~。 しかも長いよ~。
弾いてるうちに音程がむちゃむちゃ怪しくなってくるよ~。
・・・と、実に練習しがいのある曲。 ガンバロ。
どうでもいいけど、シュレーダーの最後の方って強烈ですね。
辿りつくまでに10年ぐらいかかりそう。
本買ったんだから、先生の責任重大ですよ・・・(-。-;)

ウェルナーP.30。 少しマシになってきたような・・・。
次回は姑息な手を使わず、ちゃんと見てもらいましょうかね(;^^A
P.31。アップのスラーが弱いと言われたので、練習。
薬指、小指の押さえが甘いところがあると言われた箇所も練習。
P.34。アレグレット。 
とりあえず通せそう。 もちろん超スローテンポにて。
でも、、それじゃアレグレットじゃないんですが・・・(-。-;)

ヒマだし、することないし、せっかくなのでスズキもちょっとだけ。
狩人の合唱。 あ、なんかコレもちょっとマシになって来た感じが。
ならば練習しろよ!なんですが、やっぱりやる気があんまりねぇ。

そんな感じで練習おしまい。 な~んか課題が山積みです。
たぶん2週間ではこなせないですねぇ。 ま、いつものことなんですが。
来週、楽器を調整に出すのであんまり練習時間が取れなさそうなので、
確実に全部持ち越しますねぇ。
そんなとこだけ当たらないで、宝くじでも当たればいいのに・・・。
---------------------------------------------------------------

2006/10/21 21:31 | 練習記録 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
遅刻はダメですねぇ
2006年10月19日 (木) | 編集 |
昨日の続きです。 見たいドラマがあるのでダッシュで書きます。

遅れてレッスンを始めたうえに少し延長したせいもあって、
本来の終了時間を大幅にすぎてレッスン終了。
その後、どうせならシュレーダーの本を買って最後までやりましょう。
と、ありがた~いお言葉を下さる先生とご一緒に本屋さんへGO。 
さらにご一緒に御飯へGO。 ・・・演奏会のことを忘れきってますね(;^^A

ハッと気づけば、開演30分前ではないですか!!
今から駆けつけて間に合うのだろうか・・・いや、たぶんムリ・・・
などと自問自答しつつ、とりあえず小走る私。
が、ふとカバンの中を見ると・・・
「きょ、教本一式レッスン室に忘れてる( ̄Д ̄;)」
仕方なく取りに戻る途中で偶然同僚に遭遇し、時間が無いのに立ち話。

当たり前ですが開演時間には間に合わず・・・。
でもまぁ、1曲目はショーソンのコンチェルトだし別にいいや。
などと思っていたのに、なぜだか聞こえてくるのはサン・サーンスの七重奏曲。
曲順が変わったんならそう言ってくださいな~~!! 

遅刻者は外で寂しくモニター見学です。
結局次のメンデルスゾーンからめでたく合流。 あぁ、、疲れた。
曲目は以下。

サン・サーンス:七重奏曲
メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲
ショーソン:協奏曲

メンデルスゾーンがなかなか良かったです。 前回より上手かったなぁ。
今度からは遅刻しないようにしよう・・・とこっそり反省です。
---------------------------------------------------------------

2006/10/19 20:52 | 音楽 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
レッスン35回目
2006年10月19日 (木) | 編集 |
早目に家を出たと思ったのに、ナゼだかちょっとだけ遅刻。
先生もどこかへ急ぎの電話をかけたかったようで、特に問題なし。
そんな感じで若干遅れてのレッスンスタートでしたが、
今日はよく考えると、この後演奏会でした。またかよ!?ですね(;^^A   
まぁ、間に合うでしょう。

で、本日のレッスン。いそいそとシュレーダーのプリントを出す私。
この前1番をやったから今日は2番をやりますね。と主導権を勝手に奪い取り、
有無を言わせずレッスン開始です。

先生も、「じゃあせっかくなので1番からもう一回やりましょうか~」と
結局2番だけでなく、1、2、3、4をみっちりと・・・。
そこここに色んな要素が含まれてますね~、と先生。 でしょ、でしょ?
スペシャル簡単そうに見えるけど、なかなかどうして~なんですよね。
5番はまぁキレイに弾けたらいいのでパス、6番もパスで、
次回は7番、8番をやりましょう。 と、継続してやることに。

続いてウェルナー。
苦手のP.30をさりげなく飛ばし、P.31が宿題だと主張する姑息な私です。
指の練習は先生の予想以上に早く動いていたようですが、
G線シの音程注意との指摘ありで、再度挑戦。薬指が言うことを気かな~い(>_<)
必死に薬指と格闘する私を見て・・・・先生、少々笑いすぎです。

各種のボウイングとアレグロモデラートも済ませ、スズキかと思った矢先、
「P.30は?僕、まだ○してないですよね。弾いてください」 ですと~。
ひぇ~~~。 お、覚えてたのね(-。-;) 
忘れっぽい癖に、なんでそんなことだけ覚えてるんですか・・・。
なんかまたいっぱい注意され、○もらえず。想定内ですね。
なのに宿題は出ます。P.34のアレグレット。 うっ・・・やな感じが。
まぁ頑張れる範囲で頑張ります。

結局スズキはやらずにレッスン終了。 演奏会の感想はまた明日以降に・・・。
---------------------------------------------------------------

2006/10/19 00:56 | チェロ教室 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
プンプン効果?
2006年10月14日 (土) | 編集 |
ちょっとばかしプンプンすることがありまして・・・。
まぁ、そんな時こそ落ち着け私・・・ということで練習練習。
どうもクシャミが止まらないので、風邪薬を飲み服を一枚多く着込み、
さっそく練習開始です。

練習といっても、ほとんど書く事も無いぐらいなのですが・・・
えっと・・・いつもの基礎練&ボウイングや指の運動に良いエチュードを少々。
プリントにして4~5枚ぐらいでしょうか。 
あと極々短時間だけ宿題のウェルナーとスズキ。
スズキは数回、というか3回ぐらい弾いて終わり。 どうもあんまりやる気が・・・。

ところが今日の練習、不思議なことに音がキレイで音程が合ってました。
プンプンしてたので頭が真っ白だったのが良かったのかもしれませんね。
恐るべし・・・プンプン効果(-。-;) 
精神衛生上よくありませんが、上達の起爆剤になるかもしれません。

結局、気がつけば3時間ぐらい弾いてました。
一番の驚きは、3時間弾いてもどこも疲れてなかったことでしょうか。
練習をやめたのは小腹が空いたという理由から・・・(;´ー`)
変なチカラが抜けてきたのかなぁ。 ちょっとだけ進歩。
---------------------------------------------------------------

2006/10/14 20:56 | 練習記録 | Comment (3) Trackback (0) | Top▲
久々の定期
2006年10月12日 (木) | 編集 |
大好きなオケの定期公演へ、ひさびさに・・・。
朝から猛烈に忙しく、休む暇もほとんどなく、
そのうえ肉体労働だし風邪引いてるしで、正直寝てしまうかも・・・
と危惧していたのですが、徒労に終わりました。

感想。 とってもよかったヨ(ノ_・。)
曲はブラームスの二重協奏曲とチャイコフスキーの5番。
チャイコフスキーの配置が面白くて、バスが正面後ろに横一配置。
おぉぉぉ~~、Aさんがドまん前に見えるよ・・・。 思わず鼻血が。
チャイコフスキーは結構メリハリが利いていたし、配置は鼻血ものだし、
なんとか最後まで起きていられました。 Oさんの指揮、やっぱりスゴイ。
ブラームスはソリストがブラボーで、今も頭の中でぐるぐると・・・。

次は年末の第九。 指揮はIさんか・・・。
この人ってショスタコーヴィチのイメージが強いんだけど。
どうなんでしょう・・・。

ところで、まったく関係ないのですが、
お邪魔しているブログにてハンドルネーム占いなるものと遭遇。
私は「ヒヨコ豆28号」か「ヒヨコ豆★やす」にすると大吉らしいです。
今のままだと末吉。一歩間違えば悪運が降りかかるそうです( ̄Д ̄;)

どうしよっかなぁ~。
---------------------------------------------------------------

2006/10/12 22:32 | 音楽 | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
知恵熱か?
2006年10月09日 (月) | 編集 |
喉と鼻にくる性質の悪い風邪をもらってしまいました。
今日は仕事でしたが、熱っぽいし頭痛いし喉も痛いしで、早退させて頂く事に。
で、家でおとなしく寝て過ごそうと思ったのですが、
ちょっとマシになってきたのを良いことに、小一時間練習(-。-;)
う~ん、お利口さんとは到底呼べない行動ですね。

最近、自分勝手にやってるボウイングの練習が楽しくて仕方ありません。
だもんで、宿題そっちのけでエチュードをひたすらギコギコ。
右手が少しマシになってきたと思ったら、なぜか左手まで楽に動くようになり、
楽しく練習してると1時間なんてあっという間。
時計がなかったら何時間でもやってそうですが、
さすがにそれでは家の用事が片付かないので1時間ぐらいでやめてます。

それはそうと春頃、楽器屋のご主人に
「秋に毛がえと弦の張替えにおいで」と言われてたので、
そろそろ弓の毛がえをした方が良いのか先生に見て頂きました。
すると・・・ 「あ~~、ちょっとした方がいいかも」 ・・・ あん??
「ちょっと」ってどういう意味? ALL or NOTHINGじゃないんですか(;^^A

そんなわけで、近いうちに楽器を持っていこうと思っているのですが、
楽器が結構傷だらけなので少々躊躇が・・・。
以前、楽器に弓を落としたり、ぶつけたりと書いた気がするのですが、
実はそれ以外にも結構やってます。
恥ずかしいので内緒にしてましたが、カミングアウトすると・・・
チューナーを落としたり、松脂を落としたり、ピアノ椅子にぶつけたり(;´ー`)
駒を膝蹴りしてしまったことまで・・・。 楽器さんゴメンナサイ・・・。
一応、その都度反省はしているのですが、なかなか・・・ね。

これからはもっと気をつけます。
---------------------------------------------------------------

2006/10/09 21:27 | その他 | Comment (3) Trackback (0) | Top▲
歌から学ぶこと
2006年10月06日 (金) | 編集 |
最近、A線を弾いてもあまり疲れなくなってきました。
Pt.やU.H.ばっかりだとまだまだ普通に疲れるのですが、
それでも以前とは比べ物にならないくらいです。
合唱で高音域やf部分を歌うとき程リラックスが大切なので、
A線でもその感覚で弾くようにしているのが密かに効いてるのかも・・・。
と自分では思っているのですが・・・。 単なる慣れなんですかね?

先日合唱の練習で、「音楽が如何にして音楽になるか」について、
先生からほんの少しお話がありました。
常々疑問に思ってたことなのでスゴク参考になりました。
これはホントに深い話で、結局のところ答えは自分の中にあると・・・。
う~~~ん、音楽って難しいけど実に面白い。
なぜかロストロさんの話なんかも出てきたりして、
合唱も楽器も同じ音楽なんだな~と強く感じたのでした。

前回の練習で、ちょっとだけ空虚5度の話が出ました。
1楽章では有名ですが、合唱部分でもこっそり出てきてたりするみたいです。
なんかビミョ~な感じだなと思ってたら、男声パートがそうなってるとか。
ほぇ~~~~。 面白い!

ますます合唱も楽器も楽しくなってきた今日この頃です。
---------------------------------------------------------------

2006/10/06 21:09 | その他 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
レッスン34回目
2006年10月04日 (水) | 編集 |
レッスン34回目。 そして2年目突入。 とりあえず私オメ!(;´ー`)
今年はもうっちょっとマシな音が出せるようにガンバリマスよ。

今日はまず、前回の復習をやりたいと先生に自己申告し、
密かに練習し続けていたシュレーダー1番(開放弦のボーング)を見て頂くことに・・・。
一回通しで弾いてみたところ、弓の角度はだいぶ良くなったとのこと。
でも圧力やスピード配分、腕の重みなどについて指摘され、再挑戦。
引き終わるや否や、先生から驚くべき言葉が・・・ ↓

「うわぁ~、今めっちゃ上手く弾けましたよ!重みも十分乗ってます。
 それだけ弾けたら十分です(^▽^)  絶対今後に生きてきますよ」

マ、マジですかっ~!! そのありえない程のベタ褒めは何?
未だかつて無い・・・というかそんなに褒めらたのは初めてでこそばゆいデス。
とってもとっても嬉しいのですが、たぶん曲に反映されるまでに数年・・・(-。-;)

最大限に気分を良くしたところで殆ど練習してないウェルナー。 
アップが苦手なことに、先生ようやく気づかれましたね。 
そしてさっきの右手が反映されていないことにも気づかれたモヨウ。
だから言ったじゃないですか・・・。反映されないって(;^^A
左手の感覚がコレというのが解らないから、どうしても意識がそっちの方へ
行っちゃうみたいなんですよね。 意識しないで弾くにはどうすれば・・・。

さすがに左手のマズさを悟ったのか、
今まで習ったこともないような押さえ方をいきなりレクチャーする先生。
「ビブラートをかけるような感覚で押さえてください」

・・・・・んん?? 相変わらず先生の日本語は難解です。
だいたいビブラートなんかかけたこと無いし・・・。 とりあえず練習してきます。

最後に狩人の合唱。 レドラ、レドラ・・・と続くところ。。
ヘタクソなのでケロタン、ケロタンと聞こえるそうです(-。-;)
もう私の耳にもそうとしか聞こえなくなってきました。 
もっとドイツのオッサンっぽく弾けるように練習します・・・(ノ_・。)
---------------------------------------------------------------

2006/10/04 21:14 | チェロ教室 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲