FC2ブログ
超初心者のcello練習日記かも。現在失速中。
極限に疲労
2006年11月30日 (木) | 編集 |
ちょっと左腕を痛めてしまい、先週からほとんど練習できてません。
もう今はだいぶ良くなってきたのですが、
今度は仕事でバタバタしててやっぱり練習できてません・・・マズイ。
明日は少しだけでも練習できればなぁと思っています。

ところで、全然楽器とは関係ないのですが、
今日はTVで仕事関係の紹介をして頂けるとありその収録でした。
が、わずか数分の放映にお付き合いすること・・・7時間ですヨ、7時間(-。-;)
不慣れなため、近年稀に見る疲労レベル。 疲労困憊著しいです。
7時間の最後に私へのインタビューがあったのですが、
もともと弱いオツムが、極度の疲労で完全停止。
語ってる内容も意味不明、喋ってる私も意味不明で、もうスイマセン状態。
私を判別できる方が御覧になった際は、生暖かく見守ってやって下さい。
スポンサーサイト



---------------------------------------------------------------

2006/11/30 23:18 | その他 | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
ひさびさに感動
2006年11月24日 (金) | 編集 |
火曜日、ヘロヘロになりつつ仕事帰りにコンサートへ行ってきました。
イッサーリスさんのシューマン・チェロコンチェルトです。
いや・・・行って良かった。 というか、エラいものを聴いてしまったです。

オーケストラがちょっとピリッとしないな~と思う部分も多少あったものの、
それを跳ね除けるチェロの音色。
ガット弦の響きがとても心地よく、「これが世界なのか~」 と、
私如きの分際で、みょう~に納得してしまいました。
拍手が鳴り止まないのもうなずける。あまりのしつこい拍手に負けて、
鳥の歌のオマケつき。 あぁ・・・やっぱりいい音~。 
はっきり言ってもういきなり大ファンです。
これをタダで聴けた私はシアワセモノですね。 神様アリガトウ。

ところで、最初この方を拝見した瞬間は頭デカいな~~~と思いました。
マイスキー氏もビックリなプードル並の立派な頭ですが、とてもお似合い。 
次の交響曲第4番のとき最前列で聴いてらっしゃいましたが、
頭のボリュームですぐ分かりましたヨ。 目印ですか?

余談ですが、私の隣には超高齢と思しき白髪の生命体(♂)
この方ねぇ、寝るんです(-。-;) そんでイビキをかくんです。
しかも自分のイビキで起きるんです。 め、めーわくだ~~!!(炎_炎)
寝るなら黙って寝て下さい。と、言いたかったです。
私も気をつけよう・・・。
---------------------------------------------------------------

2006/11/24 13:47 | 音楽 | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
音階を集中的に・・・
2006年11月20日 (月) | 編集 |
2年目に突入したくせに、未だ1ポジハ長調の音階ですら怪しげな私。
とりわけC線の確立が低目で、ついでにG線のBも危険です。

ところが・・・今日はいつになく調子が良かったのか、
はたまた重音&アルペジオの練習が功を奏したのか、
珍しく音程が安定していた感じ。音階が決まると気持ち良いですね♪
ちょっと・・・いやうそ、かなり嬉しいです。
あと、左手の押さえ方についても気を遣ってみました。
いつも言われていることなんですが、
瞬発力でなく、継続的な力で押さえるよう改善などしてみました。
おかげで指先が痛いです(>_<)

それはそうと、明日は先日CDを紹介したイッサーリスさんの演奏会。
いきなりチケットを頂いたので、せっかくだし行って来ます。
楽しみ~~^^
---------------------------------------------------------------

2006/11/20 21:01 | 練習記録 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
レッスン37回目
2006年11月15日 (水) | 編集 |
最近のこの寒さ、冷え性の身にはこたえます。
冷たい風は咳きこんじゃうので勘弁して頂きたいです。ほんと。

本日のレッスンはシュレーダーの9番から。
とりあえず弾いてみたものの、何事か言いたげな先生の嫌~な視線。
と、先生 「今日はコレをやります」といきなり出してきたのがコレ。
20061115225910.jpg

「え゛ぇ~、なんでコレやるんですか~」 の質問の答えは、
「音程悪いから」 とハッキリ・キッパリ即答される先生。
そ、そんなに気持ちよく言い切らなくたって・・・(ノ_・。)
で、いきなり弾かされる私。
全体的に危険臭漂う中、とりわけこのミ♭ドがキビシイですねぇ。 次はコレ。
20061115225925.jpg

20061115225918.jpg

やっぱりミ♭ドがダメだぁぁぁ~~。 指よ、言うこと聞いて下さい。
まぁ、とりあえず宿題ということみたいです。 また掛かりそうです。
宿題ついでにコレも。
DSCN5224.jpg

これはシュレーダーの18番のいろんなパターンみたいです。
・・・幾らなんでもいろいろあり過ぎでしょう。 20個ってねぇ(-。-;)

続いてシュレーダー10番。
「最後の半音階のところ、子供がダダこねたように弾かないで下さい」
ですと~~~。 最近、言いたい放題おっしゃいますな(炎_炎)
何回か弾かされ、だいぶマシになったということで○。
11番は途中までやって次へ持ち越し、次ウェルナー。
ようやく、ようやくP.30あがり。 嬉しいので記念日にしましょうか。

最後に5分だけスズキ。 なんだか久しぶりだなぁ、狩人さん。
いい加減練習しないと、これもだいぶ温めてますねぇ・・・(;´ー`)
次回は3週間後。 途中に第九もあったりして忙しいのですが、
練習頑張らないとなぁ・・・。 温めすぎて虫がわきそうです・・・。
---------------------------------------------------------------

2006/11/15 23:45 | チェロ教室 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
本日の音楽
2006年11月12日 (日) | 編集 |
CDを2枚ほどご紹介・・・。

The Road To Cello Playing
The Road To Cello Playing

むちゃむちゃスゴイです。いや、スゴすぎです。
マイ・リスペクト、シュタ氏がエチュードを弾いてます。
楽譜が目で追えませ~~~~ん。

Children's Cello
Children's Cello

タイトルに騙されてはいけません。 さすがイッサーリスさんです。
開放弦だけの曲だけでも美しい・・・。 
この方の師匠の○○スカイさん(読めません)のエピソードが面白いので、
解説を読んでみてください。 
---------------------------------------------------------------

2006/11/12 00:36 | 音楽 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
こっそり改名
2006年11月07日 (火) | 編集 |
先日楽器屋さんでのこと。
調整が済んだ頃を見計らって戻ると、入れ違いで前のお客さんが帰るところ。
ご主人を見ると手にはハデな虎虎の楽器をもっていらっしゃいます。
「あぁ、前の人の楽器かなぁ。 また、えらくハデな・・・」と思っていたら、
「ああ~。調整済んだよ。ほら、コレ」と、その楽器を手渡してくるご主人。

・・・わ、わたしの楽器だったですか、ソレ!?
後ろ向きだったから全然判らなかったんですが、
いったい、いつからそんなにハデになったんですか、アナタ・・・(-。-;)
どちらかというとハデ・・・ぐらいだと思ってたけど、
むちゃむちゃハデじゃないですか・・・。 
携帯で撮ったのであんまりですが、これ↓
20061103195845.jpg

実物は輝くばかりのオレンジに、くっきりはっきりのトラトラ模様。
せっかくなので、インスピレーションの赴くまま改名などしてみました。

・・・「ラムちゃん」です(-。-;)  レイは牛なので当然却下。

弓の毛替えをしたせいもあるのか判らないけど、
調整が済み弦も替わったラムちゃんは、爆発的に音が大きくなりました。
腕前はヘタクソを維持し続けているのにとんでもなく爆音がします。
ハッキリ言って超恥ずかしい・・・
というか、ラムちゃんの嫌がらせですか?(;´ー`)
少しぐらいは上達しろよっ!という熱いメッセージなのかもしれませんね。
・・・が、がんばってみるね (T_T)
---------------------------------------------------------------

2006/11/07 00:16 | その他 | Comment (3) Trackback (0) | Top▲
指がつりそう
2006年11月03日 (金) | 編集 |
今日は久々に頑張って練習。 明日仕事だし、その分も・・・ということで。
押さえ方を改善したこともあってか、ヘナヘナの音は少しはマシになった感じ。
しかしアレですねぇ。この前の感覚を思い出すのに時間がかかる、かかる。
一日練習してないぐらいで、コレは一体どういうコト? 私はトリ頭??

シュレーダー9は拡張に気をつけて。 10は弓の配分。
11は・・・どこまでやったか迷子になりますねぇ~~(;´ー`)
12からはリーさんゾーンの始まりですか・・・。
これを弾くと指がゴニョゴニョ動きます。右指の体操なんでしょうか、コレは・・・。
あ・・・今頃何言ってるんだ?って感じですが、曲によって使う指が違うんですね。
何気なく鏡を見たら、人差し指が浮いたり中指が浮いたり何かいろいろ。
知らない間に右手も忙しそう・・・。

ウェルナーの方もちょっとだけ。
P.34アレグレットは超遅遅の四分音符=60ぐらいで練習。
相変わらず義務的に弾いてる感が否めないんですが、
人間、そう易々とは変われないもんです。 あぁ、劇的に上達してみたい。
あと、持ち越しのP.30も嫌々ながら。全体的にダメなのですが、
最大に出来ないところはどこか・・・
それは、G線Cを取りつつ、A線Cを取れないこと。指がつるヨ(ノ_・。)
もうヤダよ~~~~。
先生が根負けするのが先か、私の上達が先か・・・恐らく前者。

とりあえず、もうちょっとだけ努力(らしきもの)はしてみます。
---------------------------------------------------------------

2006/11/03 20:40 | 練習記録 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
レッスン36回目
2006年11月01日 (水) | 編集 |
なんとなく朝から気だるい体を引きずってのレッスン。
ダメそうな予感がそこはかとなく漂っていたのですが、案の定(-。-;)

とりあえずレッスンはシュレーダー7、8から。
8の最後の段にて、「苦手な要素が重なってヘタですね」
と、歯に衣着せぬ物言いをなさる先生。 言っちゃいましたね~(炎_炎)
諸注意とともに復習しておくよう言われました。 ・・・が、がんばってみますね。
次回は9、10。 余力があればもっと、というコトだったけど絶対無理。
10って弓の配分が大変そうなので、苦戦するのが目に見えてます(;´ー`)

つづいてウェルナー。 P.34がヤバイぐらいヘタクソなんですが(;^^A
まずリズムからして怪しすぎ。音もヘナヘナで、もうスイマセンって感じです。
リズムはメトロノームに合わせられるように練習するとして、
このヘナヘナの音はたぶん押さえ方&弓の配分。
先生の押さえ方を凝視し、家に帰ってから再現してみたところ、
ヘナ感はだいぶマシに。 弓の配分はまだまだ練習しなくては・・・。
あと 「義務的に弾くんじゃなく、もっと歌うように・・・」 と、
私には10万年ぐらい掛かりそうな指示が出て、ちょっぴり途方にくれましたヨ。

ここに時間を費やしすぎたため、2ヶ月も持ち越しているP.30は
一回通しておしまい。しかし○出ず。全然先生みたいに弾けないよ~。
ウェルナーさん、あなたも罪作りなお人ですネ・゚・(つД`)・゚・

今日ははっきり言って撃沈。
以前はレッスン撃沈だと併せてメンタルもしょんぼりだったのですが、
慣れちゃったのか、もう平気デス(;´ー`)
たぶん、どこが出来てないのかがちょっとずつ判ってきたからだと
良い様に解釈しているのですが・・・。(凹み慣れだったらコワイですね~)
---------------------------------------------------------------

2006/11/01 23:48 | チェロ教室 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲