FC2ブログ
超初心者のcello練習日記かも。現在失速中。
病院ジプシー
2007年01月18日 (木) | 編集 |
もともと肩凝りではあったけれど、今回はかなりツライ。
肩甲骨の間から肩、首、後頭部まで鉄板が入ったような感じ。
ついでにいうと左耳の耳閉塞感まであってなんか危険。
ということで、一月ぶりにM整形にお邪魔し、
痛いことを必死に訴えてみるものの、鼻にも引っ掛けてもらえず、かなりムカつく。
腕にも肩にも触りもしないってどういうことですか?(炎_炎)

しかたなく肩凝りでいつもお世話になっているK整骨院へ行くも、
いつもの担当と違う方に痛い腕を痣だらけになる程もまれ、悪化。
この痣は2週間経っても消えなかった。というか、腕全体の痛み倍増。
医療事故ですぞっ!!と黙って憤慨。

その後に行った別の整骨院も頼りなく、
これはやっぱり大病院へ行くしかないかと総合病院Kに行く。
この時点で右の握力35あるものの左の握力は15にまでダウンし、
肩も全然回らない、腕も四六時中うずくように痛い、
ついでに左手の人差し指と中指は痺れっぱなしという最悪状態。
ここで初めて首のレントゲンを撮ったが、「なで肩」を宣告されて終了。
治療はもちろん、なんの薬ももらえず仕舞い。逆に運動しろと言われる。

誰でも好きなことは少々辛くてもできると思うけれど、
それができなくなったときは危険だと思う。 まさに、この時がソレ。
チェロどころの話ではなく、この痛いのを何とかして~!
という一念で新たにY整形を訪れる。
ここで初めて、腕と首の異常を告げられることになる・・・。


つづく
スポンサーサイト




---------------------------------------------------------------

2007/01/18 11:43 | 病気とか | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック